女性 仕草 心理 髪

女性が髪を触る仕草に隠れる心理

スポンサーリンク

女性が髪を触るときは、良い精神状態の時と悪い精神状態の時があります。
好きな男性の前で触るのは緊張を隠そうとしていることがあります。
恥ずかしそうに眼をそらしながら触る仕草は好意の現れです。
髪をかき上げる仕草は男性に自分をアピールしています。
きれいな自分をもっと見てほしいとアピールしているのです。
反対に悪い精神状態の時も髪を触ります。
相手と全然違う方向を見ながら、触っているときは退屈している、つまらないと思っている可能性が大きいです。
髪を指に絡めたりしているときは、そうとう退屈しているかもしれません。
こういう時に相手に接するのは注意が必要です。
寂しい心理の時も触ることがあります。
相手に慰めてほしい、かまって欲しいと思っています。
スポンサーリンク

寂しさのために触っている女性には優しく話しかけると好感をもたれるかもしれません。
引っ張るように触っているときは自分への攻撃を意味します。
過去への後悔から自分に罰を与えようとしています。
髪を抜く行為は相当欲求不満がたまっています。
決して相手の女性の自尊心を傷つけるような発言はしていけません。
相手を見ながら恥ずかしそうに触る仕草やかき上げる仕草は好意の表れなので、アタックして成功する確率が高くなります。
反対に悪い心理状態で触る場合は、好意とは関係ないのでアタックしても成功する確率は低いです。
相手がどういう心理状態で触るのかをしっかり見極めることが重要です。
自分が好きな人が悪い心理状態で触る仕草を見せていたら、優しく声をかけることで好意を持たれる可能性は高くなります。
スポンサーリンク