男性心理 好意 言葉 女性 サイン

女性に好意を持つ男性心理のサインを言葉から読み取る

スポンサーリンク

男性がある特定の女性に好意を持つ時にはサインを出します。
ある特定の女性というのは恋愛対象として見る女性で、男性は好意を持つ女性に対し興味を持ち、様々な情報を得る努力をします。
男性の視点から見て、女性に好意を持つポイントは多く、スタイルや顔、共通の趣味、賢さ、女らしさと色々でしょうが、自身の好みにあてはまる人が目の前に現れると、男性はその人との関わりを持ちたいと考え、話したがります。
対象となる人と接する機会が多くなればなるほど、積極的に話してきます。
積極的に話そうとする行動は相手に対して好意を持つ男性心理の表れで、話しかける回数が多い場合、確実にその相手への求愛のサインです。
男性は話の回数を増すごとに相手の話のペースや好みに合わせるという傾向があり、相手の話を聞きながら自分のことを気に入られるように持ってゆきます。
好きな相手に自分のことを知ってもらいたいと考え、相手の好みや趣向を聞きだして、話を合わせるというケースが多いです。
男性心理を早めに読み取ることで、自身がその男性に好意があるか無いかによって、相手への対応が変わってきます。
男性の方に一方的な好意を持たれ、その相手に好意がない場合、男性心理を読み取り距離を置くことが良いでしょう。
スポンサーリンク

男性は好意を持った女性に会話という手段で接近します。
相手が自分の話しを聞き、会話というキャッチボールが可能となると、女性が自身に対して心を開いていると考え、さらにステップアップします。
女性の好きな食べものや趣味、好きな男性のタイプ、好きな車にタイプ、逆に嫌いな食べ物、嫌いな男性のタイプなど多くの情報収集をし、それをデータベース化します。
人は興味のないことは頭からどんどんと離れてゆきますが、好きなことに対してデータを蓄積することが可能となります。
その行動パターンから男性心理が読みとれた場合、その男性に興味があれば、あいづちを打つようになると、男性の心は急接近します。
ある程度気を許すと今まで会話と変化が出て、ギャグを言ったり言葉尻を取りからかったりと、相手の気持ちにブレが無いかをテストしてきます。
男性は言葉を変えることで相手の心理を読み取ろうとします。
会う機会が増えるごとに言葉を変え、その変化に対応すれば、立ち位置や視線などに変化が出ます。
その時に相手の表情や視線から自分へのサインを読み取り、携帯番号やメアドを聞く行為へと発展するでしょう。
男性に気が無いのに、気持ちがあるかのような態度をとり、その後の告白に否定的な態度をとれば、ストーカーなどの被害を受けることに発展しかねないため、曖昧な態度は禁物となります。
スポンサーリンク