好意を持たれている サイン

好意を持たれているサインは相手との距離間でわかる

スポンサーリンク

相手が自分に好意をもっているかは相手との距離間で分かります。
人間は正直なもので、好きな人のそばになら近づきたいし、ちょっと苦手の人なら距離をおきたいというのが自然とあります。
動物は相手との距離間にとても敏感に反応します。私達が相手との距離を意識するのは動物だった時代からのもので、相手との親密度をはかる距離間はいまの生活の中にしかっり根付いています。
では、私達は相手との距離をどのように意識しているのでしょうか!?
45〜120センチ
相手を視覚にとらえ、比較的簡単に接触できる距離です。
これは友達同士の距離です。

 

120〜360センチ
努力しないと近づけない距離で仕事上の付き合いか、儀礼てきな付き合い程度に許される距離です。

スポンサーリンク

360〜750センチ
相手との関与が低い距離で講義や演説などといった形で成立する距離です。

 

0〜45センチ
密着度が高く接触可能で、夫婦や恋人同士に許される距離間です。
仮にあなたがのことを好きな人がいたとしたら自然とこの距離につめよってきます。これが好意をもたれているかの判断になります。
逆に、あなたが片思いをしている人がいるのならこの距離に入っていき、アピールするのも一つの手段になります。

 

ごく自然にこの距離に近づいていって、相手が身を引かなければ二人の関係はうまくいくでしょう。
だいたいの感じでいえば腕をのばした距離が友人の距離で両腕をのばした距離が仕事関係の距離です。
ですのでこの距離間を利用して相手がどんな反応をするのか見極めるのです。

スポンサーリンク