女性 上目づかい 仕草

女性の上目づかいの仕草に隠された心理

スポンサーリンク

上目づかいという仕草をすると必然的に下から見上げる形になります。
人間は子供や生き物のような自分よりも小さいものに対して庇護欲求が働くため、自然と愛しく感じ守りたいという気持ちになります。
そのため女性が上目づかいという仕草をする際には、相手の男性に対して好意がある可能性が高いです。
自分を小さく可愛らしく見せることで、相手の気を引こうとしているサインです。
甘えたいという欲求がある場合も多く、好意のない相手に対しては行いづらい仕草だと言えるでしょう。
ただし全ての男性に対して上目づかいをしている場合には、誰にでも可愛いと思われたい女性である場合が多いです。
その際はあまり脈を期待しないほうが良いですね。
スポンサーリンク

なぜ女性の上目づかいは可愛らしく見えるのでしょうか。
そこには目線の角度によるバランスの違いもあります。
まず人間は、見上げた時の顔の輪郭が真正面よりもほっそりして見えるという特徴があります。
目線の錯覚によるものですが、それでも好印象を与えるきっかけにはなります。
加えて輪郭がほっそり見えることで目が強調されます。
これにより顔は小さく、目は大きく見え多くの人が可愛らしいと感じる顔つきになるのです。
人を見上げることで自分を弱い存在だと思わせ、頼み事を頼みやすくする受動の心理という言葉があります。
女性の上目づかいはまさにこの心理を利用して自分を弱く可愛く見せることで、相手の男性に意識させるための手段なのです。
スポンサーリンク