間接キス 男性心理

間接キスに隠されている男性心理

スポンサーリンク

ある人の唇が触れたもの(触れた場所)に、他の人が唇で触れる(唇を当てる)ことを「間接キス」と言います。
直接、唇同士を合わせる行為ではなく、何か他の物を介して行なわれるものであり、仲介役となる物に関しては原則ひとつとされています。
家族や同性間では出来ても、男女間となると異性として意識してしまったりするため、一般的には控えられる行為でもあります。
しかし、異性と間接キスをする機会があった場合、自分に気があるんじゃないか、脈があるのではないかと勘違いしてしまう人も少なくないのです。
とは言え、恋愛経験が少ない人にとっては胸がきゅんとしたり、ドキッとしたりする行為でもあります。
稀にあまり気にしない、何も感じないと言う人も存在します。
スポンサーリンク

「間接キス」をする男性心理には、以下のことが考えられます。
1番判りやすい男性心理として、好意を持っていることが挙げられます。
また、異性なら誰でもいいから間接キスをしたいという願望を男性側が持っているケースもあります。
その他、うっかりしていることを装って自己アピールしている場合、自分に注目してほしいという心理が働いているケースも挙げられます。
中には、タイプではないゆえに女子としてはみていない、無神経で特別な意味はないと言った男性心理が働いている場合もあります。
これらのように、「間接キス」ひとつとっても隠されている男性心理には複数の事柄が考えられため、相手が自分に気があるのか・脈があるのかと言った判断は難しいと言われています。
スポンサーリンク