男性心理 好意

男性心理の好意の視線について

スポンサーリンク

男性心理は、無意識にしている存在意識の部分と意識している表層の部分とに分けられています。
自分自身の思考や行動を認識できているのは2割程度と言われていて、後の8割は無意識下の心理、本能や存在的な欲求や願望によって支配されています。
それは仕草や態度、癖、サインなどの振る舞いに現れます。
男と女の恋愛場面では得にそれが顕著で、脈ありか脈なしかの判断、好意を持たれ好かれているか、興味無しの状態で嫌われているかなどは、相手の仕草や態度などを観察すればわかります。
目や顔の向き、表情、手、足、体、口の状態で本音や本心が見え、無造作に行う仕草や行動によって性格やタイプまでも知ることができます。
言葉では簡単に自分を偽ることができますが、深層心理からくる仕草や態度は隠し通せないです。
スポンサーリンク

男性心理として、視線や目つきがどのような状態かを観察するのが最も好き嫌いがわかりやすいポイントで、好意を持っている人と嫌悪感を持っている人を見る時の視線の動きや目つきは明らかに違います。
好きな人を見る時は通常よりも視線の時間が長くなる頻度が多くなり、肉食系や本能に従順な性格の人は、まさに目が離せない状態になります。
体育会系や運動部、スポーツマンタイプの男性は、好きな女性をじっと見つめる人が多いです。
逆に文科系だったり草食系や内気の男性は、顔も俯けたまま目をまったく見てくれないこともあります。
一般的に嫌いな人や興味のない人に対してするような目の逸らし方や視線の動きなので、相手がどういうタイプの性格なのか見極めるようにします。
スポンサーリンク