浴衣 かわいい仕草

浴衣を着ているときのかわいい仕草

スポンサーリンク

女性の浴衣姿を嫌いな男性はいないと思います。
これは断言できます。
浴衣はどんな女性が来ても確実に綺麗に見える衣服だと勝手に考えています。
そんな浴衣浴衣を着て、さらにかわいい仕草ができたとしてら、もうあいてはあなたに夢中になってしまいます。
ここから、できるかわいい仕草について紹介していきます。
といってもこれらは昔、着物を着ていた女性の大部分が自然にとっていた仕草なのではないでしょうか。
まず、浴衣の状態で普段の洋服の時と同じような歩き方をすると、裾が広がりだらしなくなって、がさつに見えてしまいます。
こういった着物を着て歩く時には必ず内またで歩くようにしてください。
足を八の字にして、一歩を小幅にして後ろ足のつま先は土踏まずからでないようにして歩くと完璧です。
スポンサーリンク

次にうちわやセンスで仰ぐときは手をクロスにして仰ぐようにします。
どんな仕草でもクロスを取り入れて行うと、女性ぽく、色っぽく見られます。
なので、うちわで相手を仰ぐ際にも近いほうの手でするのではなく、ひと手間加えて遠いほうの手でクロスにした状態で行うと、かわいく見えます。
次に着物類はどうしても動きずらいものなので、写真を撮るときにどうしてもポーズがワンパターンになりがちです。
棒立ちでピースだけでは何ともつまらないので、写真を撮るときは体をジグザグにさせることを心がけてください。
ちょうどS字のラインを作るようにするとよいでしょう。
浮世絵の女性なんかはみんなこのs字のラインになっていることが多いです。
スポンサーリンク