心理学 しぐさ 手を組む

心理学でみる手を組むしぐさについて

スポンサーリンク

人のしぐさには色んな無意識のメッセージが込められていると言われています。
心理学的見地から見てもそれは明らかです。
既に癖になっている場合もあるかもしれません。
しぐさは別の言い方をすればボディランゲージとも言われ、まさに向き合っている相手に対して言葉ではなく動作で語っているようなものです。
意外と口から出てくる言葉とは裏腹な本音が発せられている場合もあるのです。
心理学的に見て手を組むしぐさは、その人自身の心の不安定さを表しています。
自分の心が落ち着かない場合やあるいは相手に対して警戒心を持っている時に無意識にしてしまうと言われます。
強いストレスを感じている時にも自分の心を守るためにしてしまうこともあります。
スポンサーリンク

また手を組むと言っても胸の前で組むだけではなく、頭の後ろを持つようにして組む時もあります。
その場合もやはりとても警戒心が強く働いていて、自分のテリトリーに入ってきて欲しくないというメッセージなのです。
照れ隠しで男性がしがちなしぐさと思われますが意外な捉え方です。
それ以外にも例えばテーブルの上で手を組んで置くということもあります。
この場合は話し相手に対して非常に何かを期待しているということがあります。
これは好意的な態度と取って差し支えないです。
また神様に祈りを捧げるように手を組むこともあります。
これは想像つきやすいですが何かをお願いしたい、かなり強い願望を持っている表れと言えます。
しぐさは心理学においても重要な位置づけをされているのです。
スポンサーリンク