心理学 しぐさ 右上を見る

嘘をつく時、心理学では右上を見るしぐさをすると分析します

スポンサーリンク

心理学では人の視線には意味があると解釈します。
自分の目線を縦と横に2つにわけた時に、次のような意味があります。
縦の目線において、上目線は視覚的イメージ、横目線は聴覚的イメージ、下目線は内覚的イメージを意味します。
横の目線においては、左が過去、右が未来を意味します。
つまり、上下左右の目線の意味が異なります。
左上を見るしぐさの意味は、過去の体験や記憶の呼び出しです。
人は出来事を思い浮かべる時、視覚的イメージとして呼び起こしがちです。
右上を見るしぐさの意味は、これから先の新たなイメージです。
まだ経験してない事柄に対しての想像をするときに、この方向に目を向けます。
その事から、右上を見るしぐさは、嘘をつく時でもあると言われています。
スポンサーリンク

心理学を使えば、このように人の嘘を見抜くことが出来るわけですが、あくまでパターンですので絶対ではありません。
ちなみに、左横を見る意味は、会話や記憶にある音への知覚です。
どのような会話だったか、言い回しだったかを思い起こす時の目線です。
右横を見るしぐさの意味は、聞いたことない音への知覚です。
聞いたことない音に対しイメージを働かせ、右耳に意識が向きます。
左下を見るしぐさの意味は、内面的な自己との対話です。
自分自信への問いかけや独り言の場合、経験にもとづいた 自己として向きます。
最後に、右下です。
右下は、体感覚情報へのアクセスです。
無意識に感じているからだの変化や、感覚に注意を向けている時の目線です。
スポンサーリンク