男性 照れる 仕草

照れる男性がする仕草

スポンサーリンク

どこにでも照れ屋の人はいるものですが、その中でも男性の照れる人は意外と多いものです。
褒められて照れるとか、好きな女性の前でどうにもならなくなってしまうとかあります。
そんな時にどのような仕草をしてしまうのか色々とあります。
男性の場合はなんとか自分が照れている状態を隠そうとするケースが多いのではないでしょうか。
相手から見透かされまいと、懸命になって隠そうと努力をしたりしますが、かえって隠そうとする仕草がいつも同じという場合があって、簡単に悟られてしまうことがあります。
これは癖になっていることが考えられます。
癖になっているとはなかなか直らないもので無意識に出てしまいますから、相手がよく知っている人の場合にはすぐに分かってしまうものです。
スポンサーリンク

では、男性が照れる場合にする仕草はどんなものがあるでしょう。
視線をそらす照れている時には真正面を向くのができなくなってきています。
特に他人の目を見て話すことはとても出来る状態ではないです。
好きな異性への告白をするなんてことがあっても、相手の顔すらまともに見られないことでしょう。
手の動きが激しくなる普段はそんなにリアクションとかとらないのに、照れ隠しの時にはやたらと手の動きが大きくなってきて、その場をなんとかしのいでいこうとします。
自分の顔の一部を触りだす女性にもありますが、女性は両手で自分の顔を隠す仕草をするのに対して、男性の場合は片手で鼻とか耳とか顔の一部分を触りだす場合があります。
話題をそらそうとする自分が照れる話題から他の話題に変えてしまえば照れることもなくなるので、ある意味では有効な手段ともいえます。
このように男性の仕草は意外と簡単に見分けることが出来るといえますね。
スポンサーリンク