心理学 しぐさ 子供

心理学から見た子供のしぐさ

スポンサーリンク

普段何気なく見ている子供の行動も、見る目を変えると子供からのメッセージになっている事があります。
例えば、心寂しい時やかまってほしい時など大人にとっては小さな事でも意思伝達が思うようにいかない子供にとっては行動やしぐさとして無意識にあらわれる場合があります。
代表的なしぐさとしてはチックと言って目をぱちぱちしてみたり、爪を噛んでみたり、指しゃぶりをしてみたりと普段何気なく目にしている行動に多いように思います。
心理学的にみると、子供は大人が思っている以上に信頼のある人の言動を真摯に受け止めてしまう事があります。
親に気に入られたい、友達に気に入られたいなど原因は些細な事です。
中には、人が大切にしている物を隠してしまい気を引こうとする場合もあります。
スポンサーリンク

心理学的には、物を隠してしまう事がある場合はかまってほしい合図として受け止める事になります。
自分に注目してほしい、自分をかまってほしい場合にこのような行動に出てしまいます。
普段何気なく叱っている言葉も、心の負担として重くのしかかっている場合もあります。
その場合は、爪を噛んだり唇を噛んでみたりと言うしぐさを良く見せます。
この行動は癖として扱われてしまいそうですが実際は違ったなんて事が無いように、年齢が小さければなおさら普段以上に気にかけてあげた方が良いと言うのが心理学的な意見です。
年齢が低ければ意思表示や言語も発達していないので、自分の気持ちを他の人に伝えるのは並大抵な事ではありません。
普段何気なくしているしぐさが長引くときは一度ゆっくり寄り添ってみましょう。
スポンサーリンク