頭を掻く 仕草 心理学

心理学的に頭を掻くという仕草にはどういう意味があるのでしょうか

スポンサーリンク

人間は、言葉というコミュニケーション手段を持っています。
言葉を使えば、簡単に気持ちを伝えることができます。
しかし、言葉だけでは本心なのかどうかを計ることは難しい時があります。
本当のことを言っている場合もあれば、もちろん嘘をついている場合もあるからです。
しかし、どんなに言葉巧みに嘘をついても、どこかしら態度や仕草に出てしまうものです。
心理学において、態度や仕草から人間の気持ちを理解する学問のことを行動心理学といいます。
行動心理学を学ぶと、人の行動で様々な気持ちが推し量れることがわかります。
仕事の上や恋愛の上でも、役に立つことが多いのではないでしょうか。
では、実際にどのような行動が、どのような気持ちを表しているのでしょうか。
スポンサーリンク

様々ある仕草の中でも、頭を掻くというのは、良く見られるものです。
この仕草の意味で、一般的に思い浮かぶのは、照れているもしくは困っている、ということではないでしょうか。
この解釈は合っているとも間違えているとも言えます。
頭を掻く、という行為には、殴ろうとして拳を振り上げたものの思いとどまって、行き場のない拳を頭を掻くということでごまかしている、という解釈があります。
照れているように見えるのも、カッとなってしまったことへの恥ずかしさが表情に出ているということなのです。
ですので、仕事の上でも恋愛の上でも、相手が頭を掻いている、というのはあまり良くない状況とみて良いでしょう。
迷惑だと感じているけれども、悪く思われたくない、という気持ちが働いて、頭を掻くという行動に出ていることが多いようです。
このように、相手の気持ちを考えるに当たって、言葉だけでなく態度や仕草も判断材料にしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク