宝塚 男役 仕草

宝塚歌劇団で男役を演じるタカラジェンヌが採り入れている仕草

スポンサーリンク

宝塚では、男役と娘役があり、どちらも宝塚歌劇団に所属しているタカラジェンヌと呼ばれている女性の方々が演じています。
本当の男性には及ばない部分こそあるものの、男役を演じているタカラジェンヌの方々の仕草には、女性が男性に望む所作や仕草などが採り入れられているのです。
そのため、宝塚歌劇団で男役を演じているタカラジェンヌの仕草は、女性が描く男性の理想像とも言われているのです。
特に拘っているのがスーツのサイズであり、自身の身体に合ったジャストサイズのスーツを選び、尚且つパンツの丈は足を長く見せることが出来る程よい長さ(靴のかかとをギリギリ隠れる長さ)のものを選んでいると言います。
また、背筋を伸ばして姿勢良く佇み、余裕がみえるという雰囲気もあります。
スポンサーリンク

宝塚歌劇団で男役を演じるタカラジェンヌの方々が魅せる仕草でよく話題に挙がるのが、グラスの持ち方と座り方です。
広い舞台、遠目の客席からでもひと目で判るようにと、座る際には浅く腰掛け大きく股を開いたり、足の上に足を置いて座ったり、グラスは鷲掴みするなど、日常生活では過剰に思えるような動作をします。
他にも、斜め45度を見る流し目、手の甲の骨と青筋・血管が浮かび上がる手のポーズ、体から拳1個分だけ肘を離した歩き方、目を合わせた笑顔など、様々な「男らしく魅せるテクニック」を研究し、宝塚歌劇団・男役としての仕草の中にそれらを採り入れているのです。
前述したものを普段の生活にそのまま採り入れてしまうと、大げさ勝つオーバーな動作になってしまうので、要素だけを採り入れることで男らしさが向上します。
スポンサーリンク