女性 嘘 仕草

女性が嘘をつくときにとりやすい仕草

スポンサーリンク

嘘といっても色々なウソの種類があります。
中には相手のためを思ってつく、良心からくるものもありますが、たいていは不利な立場の自分を守るためにつくものです。
一般的に男性よりも女性のほうが嘘をつくのがうまいといわれています。
しかしながら、よく観察していると仕草でなんとなくウソをついているなというのが見破れるものあんのです。
ここでは、女性がウソをつくときにとりやすい仕草をいくつか紹介していきます。
その前になぜ女性のほうがウソをつくのがうまいといわれるのかというと、男性は自分の立場が悪いときは目を見て話せなくなるのに対し、女性はその逆で相手の目を見て話すようになるのだそうです。
このことからも見破りにくいことが分かります。
スポンサーリンク

では、ウソをみやぶるにはどういった仕草に注目すればよいのでしょうか。
まずは足元を注意してみるようにしてください。
男女問わず、足を組む癖がある人は多いと思います。
しかしながら、その足を組むというのが大きなポイントになるのです。
話しているときに組んでいる足の先がなんだかそわそわしていたり、頻繁に足を組み替えたりしているようならば、今相手が話している内容の中にウソが含まれているかもしれません。
足元で見れない場合は手に注目してもよいでしょう。
普段あまり手を組まない人が手を組んでいるときは要注意です。
女性はウソをつくときに相手を見る癖があるため、目線でウソは判別できませんが、ウソをつくと瞬きの回数が多くなるといわれているので、瞬きが多くなっているかどうかで判別することが可能です。
スポンサーリンク